東京・横浜・横須賀・自費出版・フジモト


………………………………………
魚群(なむら)
………………………………………
花万朶
………………………………………
みよ子句集
………………………………………
詩集 まろやかに
………………………………………
群青の空ふたたび
………………………………………
晩年、東京・四谷に暮らす
………………………………………
遠藤速雄とその時代
………………………………………
東風吹きて
………………………………………
芳恩記
………………………………………
句集 沙羅の花
………………………………………

123456


遠藤速雄とその時代

嶋本 裕子
2012年11月27日刊行
B5判ソフトカバー 
86頁 


人物研究書 私家版


 著者の遠縁にあたるという遠藤速雄は、明治を生きた東北の画家。その知られざる才能と人生を丹念に調べ上げた労作。歴史に埋もれた人物に光りをあてる試みには頭が下がる思い。2015年は速雄の没後100年にあたるという。

 筆者は、国立国会図書館職員、弊社での制作は2冊目。

 1冊目は美出会う旅に

frontcontentsprivacy policycolophonCopyright 2013 All rights reserved.