東京・横浜・横須賀・自費出版・フジモト


………………………………………
読むことの歓び
………………………………………
巻き貝の花
………………………………………
じおらま
………………………………………
我が人生・折々の記
………………………………………
亡き妻に捧ぐ
………………………………………
銀河
………………………………………
白梅
………………………………………
芙蓉の里
………………………………………
歌集もぢづりの庭
………………………………………
回想・文芸学専攻
       ─懐旧と哀惜と─

………………………………………

123456


詩集 じおらま

日村 秋路
2011年10月9日刊行
四六判 ソフトカバー
214頁
 


 著者の日村秋路さんは、沖縄在住。長年したためていた詩作品を一冊の詩集にしたいという夢を実現させました。

著者の第一詩集。本の装丁、本文レイアウトすべてをふじもとが手がけました。

以下作品のご紹介です。

星月夜の孤児 №3
               

 かあさん
 蒼い釉薬をかけて
 僕を焼いたのだね
 人生は夜景で
 時間も空間もなく
 ただ闇だけ清かだ
 かあさん
 中腹で祈り終えると
 僕は登るのだか下るのだか忘れた


 それで
 割れたガラスのそら
 観覧車に乗って
 星にキッスする事にした

frontcontentsprivacy policycolophonCopyright 2013 All rights reserved.