東京・横浜・横須賀・自費出版・フジモト


………………………………………
わが暮らしをうたふ
………………………………………
百姓に転身我が人生
………………………………………
花笑み
………………………………………
関東管領 上杉憲実
………………………………………
分校っ子
………………………………………
セピア色の思い出さがし
………………………………………
多摩の丘陵
………………………………………
わすれな草
………………………………………
親父の青春
………………………………………
亡き妻伊子の思い出
………………………………………

123456


わすれな草

徳丸 美代子 著
2009年3月刊行
四六判 ソフトカバー
104頁


 わすれな草をこよなく愛する著者の短歌集。

 水のきれいな山峡の里河原内は私の故郷ですと言う著者は、もと教師であり、齢80路の人生の節目にこれまでの歌をまとめられたと言う。

わすれな草の花言葉は私を忘れないでくださいである。この花のようにありたいと。

frontcontentsprivacy policycolophonCopyright 2013 All rights reserved.