東京・横浜・横須賀・自費出版・フジモト


……………………………………
全額返金システム
……………………………………
超むずかしい原稿
……………………………………
ブックデザインにこだわる
……………………………………
文字組にこだわる
……………………………………
用紙にこだわる
……………………………………
オリジナル・インタビュー本
……………………………………
オプションサービス
……………………………………
沖縄からのお客様との
「ホット」なほっとな往復書簡

……………………………………
ブログプラチナ通りの貸本屋
……………………………………
 用紙にこだわる
 書籍の本文用紙は、クリームキンマリということで勧められるのが一般的ですが、小社はあえてこれを使用しません。

 書籍の本文用紙に、クリームキンマリという用紙を使うのは、制作側の都合によるものです。この紙はあらゆるサイズに、紙の折り目である縦目と横目が揃っていて、都合がいいのです。だから使われる。結果的に大量の需要があるので欠品がない。安心して発注できる。理由はそんなところでしょう。

 用紙の持つテクスチャー(手触り)などは、直接お客様に触っていただかないとその違いは分かりません。

 もちろん、そんなのどうでもいいというお客様もいらっしゃいます。一方でそうでないお客様もいらっしゃいます。でも、そこは作り手の都合だけで決めらるものではないと思います。

frontcontentsprivacy policycolophonCopyright 2013 All rights reserved.