東京・横浜・横須賀・自費出版・フジモト


…………………………………
俳句・短歌集
…………………………………
…………………………………
…………………………………
…………………………………
…………………………………
…………………………………
…………………………………
…………………………………
 俳句・短歌集

 もしもあなたが今、俳句・短歌の本を作ろうと決心したのならば、まず何をはじめたらよいのでしょうか。
 一番最初にやるべき事は、作品の整理だと思われます。また作業にとりかかってみて分りますが作品の整理が一番大変な作業なんだと気付くことでしょう。そしてこの大変さに閉口して本作りを止めてしまうことがままあるのではないでしょうか。つまりそこまでして本を作る意味があるのだろうかという自問自答に陥る。

 しかしながらそもそも人生とはなんぞやであります。ご飯を食べる事と本を作る事の意味の差異に立ち返り、本を作る事がご飯を食べる事より有意義な事をご自分に自覚させる必要があるかもしれません。そして何がなんでも本を作るぞという熱い想いが湧いて来なければ本作りを完遂させることはできないと思うのです。

 次に、原稿整理が終わったら、句または歌の数を数えて、1ページに何句、または何首入れるかを決めます。それで大体のページを出したら価格表でおおよその費用を調べます。1ページに入れる作品の数が多いほどページが減りますからその分費用も安くなります。1ページに入れる作品の数は俳句で、2句〜7句、短歌でも同じく2首〜10首くらいでしょうか。好みがあるのでなんとも言えませんが。また俳句の組版は天地揃え、短歌は頭揃えが一般的ですが決まりがあるわけではありません。

 次に、手書きの原稿の場合、読める程度ならそのまま原稿用紙に清書する必要はありません。大学ノート、メモ、手帳、そのコピーなどでも構いません。
 パソコンで打ったものなら、データでお渡しください。古いワープロでお作りになっている場合でも大丈夫です。フロッピーディスクの2DDなどからも変換できます。

 よく本作りを頼んだら、どのくらいの日数で出来上がるのかと訊かれますが、原稿がしっかりしていたら2週間で出来上がります。つまり原稿に不具合があるとなかなか終わらない作業が、印刷・製本の前に発生するということなのです。なのでくれぐれも誤字、脱字、旧漢字(正字)ルビなどには注意が必要です。

 ルビは、パソコンソフトのワード、一太郎などでつけてもかまいません。

 旧字(正字)、特殊文字など、パソコンに字母がなくても作字できます。

 写真を冒頭か、最後にちょっと入れたいとい場合の費用ですが、冒頭カラーで2ページまでなら別途20,000円、最後の奥付に顔写真を1点の場合は500円でできます。

 外箱の制作、表紙のパラフィン紙(グラシン紙)包みなどの特殊なオーダーにも対応します。(見本をご用意ください)

 本の完成後に誤植を発見した場合、お客様が文字入力をして校了した場合は、お客様の責任でお願いしております。小社に校閲を依頼した場合は、小社の責任で刷り直しや正誤表の挟み込みなどを行います。

小社制作参考書籍

frontcontentsprivacy policycolophonCopyright 2013 All rights reserved.